茨城県知事選が8月10日告示(27日投票)され、市民と野党の共同候補、「いのち輝くいばらきの会」の新人、鶴田まこみ候補(52)=日本共産党、新社会党、緑の党グリーンズジャパン、つくば市民ネットワーク、とりで生活者ネットワーク、茨城一新会の6政党・団体推薦=が第一声を上げました。

知事選には、鶴田氏のほか、現職の橋本昌氏(71)、新人で元経産省官僚の大井川和彦氏(53)=自民、公明推薦=が立候補。

県政史上初めて、首長経験者ら幅広い市民と共産党など6政党・団体が推薦・共同して鶴田氏を支援し、危険な原発容認で無駄な大型開発優先の県政から、原発をなくして暮らし・福祉を優先する県政への転換に挑みます。

知事選は、県民本位の県政をめざす鶴田氏と、県民不在の県政の継続を競い合う橋本、大井川両氏との対決です。

鶴田氏が第一声を上げた、つくば市のTXつくば駅前には、「NO NUKES」と書いたプラカードを掲げる人など、多くの市民が。
弁士の演説に合いの手が入るなど、会場は熱気に包まれました。

鶴田氏は、老朽化した東海第2原発(東海村)の20年運転延長ストップの公約について、「茨城から始まった原発を茨城で止めたい。福島第1原発事故が解決していないのに東海第2の延長は許せない」と強調。
全国8位の財政力を持ちながら、大型開発優先で暮らし・福祉は最低クラスの県政を告発し、「トップを変えて命第一の県政に」と訴えました。

鶴田氏を推薦する6政党・団体の代表があいさつ。
共産党の田村智子副委員長(参院議員)は、「子々孫々の命を守るために原発は動かしてはならないと訴える鶴田さんこそ、知事にふさわしい。鶴田さんの勝利で、国民の声を聞かない安倍政権に痛打を」と語りました。

元東海村長で「いのち輝くいばらきの会」共同代表の村上達也さんが「鶴田さんの当選で原発を止めよう」と呼びかけ。
元公明党副委員長の二見伸明さんも駆けつけました。

現職、大型開発を自画自賛 自公候補は原発ダンマリ

茨城県知事選の第一声で、市民と野党の共同候補・鶴田まこみ氏は、東海第2原発の再稼働・運転延長反対と暮らし・福祉優先の県政への転換を訴えました。
一方、現職の橋本昌氏と新人の大井川和彦氏=自民、公明推薦=は、無駄な大型開発を自画自賛したり、争点そらしをしたりしました。

橋本陣営は、水戸市内のホテルで出陣式を開催。
橋本氏は、港湾や空港の建設などの大型開発を進めてきたと自画自賛し、県の借金を増やして県民に犠牲を押しつけてきたことには無反省でした。

橋本氏は、知事選前の3月議会でも「国が判断すべきだ」と答えるなど、無責任な態度をとってきた東海第2原発の再稼働について、「原発は認めない、という方向にかじを切っていきたい」と表明。
しかし、「いつ決断するのか」や「再稼働反対」「即時廃炉」との明言はせず、容認に含みを残しました。

JR水戸駅南口近くの公園内で開かれた大井川陣営の出陣式には、梶山弘志地方創生相(自民党県連会長)や額賀福志郎衆院議員らが出席。
各弁士は演説で、「茨城は変わらなければならない」「新しい知事を選ぼう」「躍動感あふれる茨城に」「21世紀の茨城をつくる選挙」などの空虚な文言を連発していました。

しかし、争点になっている東海第2原発の再稼働・運転延長問題に言及した人は、大井川氏も含め皆無でした。

(「しんぶん赤旗」 2017年8月11日付より転載。詳細なプロフィール・政策はこちらをご覧ください