8月10日告示(27日投票)の茨城県知事選で、県内6つの政党・政治団体が7月21日、県庁内で共同会見し、すでに「いのち輝くいばらきの会」から出馬を表明している新人の鶴田まこみ氏(52)=無所属=を推薦してともにたたかうことを明らかにしました。

知事選には現職の橋本昌氏(71)=無所属=、新人の大井川和彦氏(53)=無所属、自民・公明推薦=も出馬表明しています。

鶴田まこみ氏

会見には鶴田氏が同席し、「これだけの政党・団体の共同が実現できたことに感謝したい」と前置きしたうえで、東海第2原発(東海村)について、橋本陣営、大井川陣営が政策に東海第2原発の廃炉を掲げていないことを批判し、20年運転延長反対を力説。
現県政について、「大型開発優先で福祉・医療、教育がないがしろにされてきた」と指摘し、「県民生活に根ざした、命輝く県政をつくりたい」と抱負を語りました。

鶴田氏の推薦を決めた日本共産党、新社会党、緑の党グリーンズジャパン、つくば市民ネットワーク、とりで生活者ネットワーク、自由党・小沢一郎氏を支援する「茨城一新会」の代表らが、それぞれ推薦の弁を述べました。

共産党の田谷武夫県委員長は、「6つの政党・団体の共闘ができたのは画期的。勝利をめざして力を合わせたい」と話しました。

鶴田まこみ(鶴田真子美)氏の略歴

東京外国語大学大学院博士前期課程修了。慶応義塾大学非常勤講師などを歴任。
現在、NPO法人「動物愛護を考える茨城県民ネットワーク」(CAPIN)理事長。

(「しんぶん赤旗」・「しんぶん赤旗」首都圏版 2017年7月22日付より転載。詳細なプロフィール・政策はこちらをご覧ください