茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターで6月6日に起きた被ばく事故で、日本共産党県議団(3人、山中たい子団長)は6月9日、茨城県議会の藤島正孝議長と鈴木定幸防災環境商工委員会委員長宛てに、事故に関する議会調査と所管委員会での十分な審議を申し入れました。

申し入れ書は、(1)事故に関する情報や資料を議会に提供するよう、県と事業者に求めること(2)委員会に参考人として出席し、説明するよう事業者に申し入れること(3)現地調査ができるように関係機関と調整すること─の3点を要求しています。

(「しんぶん赤旗」 2017年6月11日付より転載)

日本原子力研究開発機構大洗センターにおける作業員の被ばく事故に係る議会調査についての申し入れ

2017年6月9日

茨城県議会議長 藤島 正孝 様
防災環境商工委員会委員長 鈴木 定幸 様

日本共産党茨城県議団
山中たい子
江尻 加那
上野 高志

上記内容について、国内最悪の内部被ばく事故発生という重大性に鑑み、県民の負託にこたえる徹底した議会調査と委員会審議が進められるよう、下記事項を申し入れます。

  1. 議会に対し、事故に係る情報や資料を積極的に提供することを、県と事業所に求めること。
  2. 委員会参考人として出席、説明できるよう事業所に申し入れること。
  3. 委員会として現地調査ができるよう、速やかに関係機関と調整すること。

以上

日本原子力研究開発機構大洗センターにおける作業員の被ばく事故に係る議会調査についての申し入れ(PDF)